EC-CUBE EC-CUBE配送管理

EC-Cubeカスタマイズ:配送料管理:商品ごとに同梱可能商品か単独配送商品かを管理する

投稿日:2012年3月23日 更新日:

改造の前提条件
 ・複数配送先は対応しない
 ・小型商品配送用の箱を2種類用意する
 ・EC-Cube以外のフリーソフトへの変更は考えない
 ・決済方法は、クレジットカード決済・代金引換宅配・銀行振込

改造のポイント・処理の流れ
 1.商品ごとに大きさと重さを管理する
 2.商品ごとに同梱可能商品か単独配送商品かを管理する
 3.商品ごとに配送口数を管理する

 4.配送先(都道府県)ごとに複数の配送料を管理する(大きさ・重さ別)
 5.購入商品数から配送口数を計算する
 6.配送料を計算する
 7.配送料計算ができない場合の取り扱いを処理する

昨日おやすみしました。期待されていた方すみませんでした。

さて、予定変更で今日は「2.承認ごとに同梱可能商品か単独配送商品かを管理する」の考え方についてメモします。

実は、前々回の「1.商品ごとに大きさと重さを管理する」ですでに管理方法を考えていましたね!

そう、同梱可能商品は個別の商品サイズを、単独配送商品は商品サイズに999を設定して管理することにしました。よって、この項目は特になし。
引き続き「3.商品ごとに配送口数を管理する」に移ります。
同梱可能商品は無視していいですね、
単独配送商品は1商品で複数口数になる場合があります。
例えばインテリアショップでダイニングテーブルセットを購入した場合
机部分と椅子4つで5つの配送口数になる場合があります。
また、一つごとの配送料金が異なる場合もあります。
さて、どうするか?

悩ましいところですが、2つの案で考えることにします。
1.特別配送として扱い、商品ごとに配送料を指定する商品
2.通常配送として扱い、口数を管理する商品

どちらが実態に合うでしょうか?
大手のネットショップでも1の扱いにしているところが多いようです。

ということで、1商品で複数口数を配送する必要がある商品は
商品ごとに配送料を設定することにします。
ただし、地方別の配送料の管理が必要になります。

少し長くなったので、今日はここまで
続きは次回に持ち越しです!!

本連載は、EC-CUBEで配送料を管理する方法をなるべく運営実態に合わせられるようにすることを目的としています。
最終的には、完全自動計算(ただし、離島等の複雑な計算は除く)で商品購入時に金額を確定し、面倒な後決済をなくすことを着地点として連載中です。

ad

ad

-EC-CUBE, EC-CUBE配送管理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

EC-Cubeカスタマイズ:配送料管理:配送先(都道府県)ごとに複数の配送料を管理する(大きさ・重さ別)

改造の前提条件  ・複数配送先は対応しない  ・小型商品配送用の箱を2種類用意する  ・EC-Cube以外のフリーソフトへの変更は考えない  ・決済方法は、クレジットカード決済・代金引換宅配・銀行振込 …

EC-Cubeカスタマイズ:配送料管理:商品ごとに大きさと重さを管理する

改造の前提条件  ・複数配送先は対応しない  ・小型商品配送用の箱を2種類用意する  ・EC-Cube以外のフリーソフトへの変更は考えない  ・決済方法は、クレジットカード決済・代金引換宅配・銀行振込 …

EC-Cubeカスタマイズ:管理画面:商品カテゴリーにアイコンと説明文を追加する

配送料の管理はのびのびですみません。 今日は、管理画面側の変更方法のメモです。 商品カテゴリーにアイコンと説明文を追加する方法です。 商品カテゴリーは [dtb_category]で管理されていますが …

EC-CUBEカスタマイズ案件

ついにECサイトに手を出してしまいました。 お金が絡むので、今まではECサイトの開発案件は請け負っていなかったのですが・・・   まぁ、案件と言っても、以前ブログにも書いた友人の「MATTH …

EC-Cube改造:新着商品一覧をトップページに表示

EC-Cubeのカスタマイズ案件が今後続きそうなので よく使われそうな機能を備忘録的に・・・ 第一弾:トップページに新着商品を一覧表示 A)管理画面で操作 「デザイン管理」→「ブロック編集」 ブロック …