椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア-闘病記:1996年冬

投稿日:1996年12月31日 更新日:

序章

まだ学生だったころ、私のヘルニアとの戦いは始まりました(戦いなんて、そんなたいそうなものではないですが・・・)

学生時代バスケットボールのサークルで週に1度、バスケットをしていた私は、練習の翌朝に右足の太ももに肉離れのような痛みを感じ、自宅近くの整形外科に行って診察をしてもらいました。冬だったこともあり、準備運動をろくにせずにバスケの練習をしたための軽い肉離れでしょうということで、シップ薬をもらい帰宅しました。

数日後、右足の痛みは一向に改善されませんでした。病院は嫌いなのですが、仕方なくいつも込んでいる大学病院に行って診察を受けることにしました。

15分くらいの診察に3時間くらい待ったでしょうか、診察室に呼ばれると、今までの経過を聞かれ、とりあえず靴下を脱いでそこのベットに横になってということでした。(この診察をこの後何回も受けることになるのですが)

このときは、こんなので何がわかるんだよ!と思って診察を受けていました。脚気の反応とアキレス腱の反応を見られ、一言でした

「たぶん椎間板ヘルニアだね!」(このときは椎間板ヘルニアがこんなに大変な病気とはわからずに「ふ~ん!」って感じで聞いていました)

「とりあえず、今日のところはMRIの予約して帰ってください。詳しくは看護婦から説明させますので」

ということで、MRIの検索について看護婦さんから聞いてその日は特に治療がなく帰宅したのでした。

<この病院のMRIの検査は当分先まで予約で埋まっているとのこと、早く結果を知りたい私は、どこか違う病院で検査だけでもと思い、聞いてみると○○の病院なら大丈夫だと思いますということで予約を取ってもらい、数日後に初めてのMRIの検査をすることになりました>

初めての診察から次の診察まで10日間くらい空いたでしょうか、その間に太ももの痛みが太ももの痺れに変わって、歩くのに少し足を引きずるようになりました。

検査の結果を持って数日後に大学病院に訪れ、診察を受けると。

「やっぱり椎間板ヘルニアだね、まだ軽いからしばらくブロック注射を打って様子を見ましょう」ということで週に1回注射に通いました。(このとき徹底的に治療しなかったのが4年後につけとして回ってくるのだが・・・)

その後、何回ブロック注射に通ったでしょう、(多分5・6回だったような)足の痛みもなくなり、若かく病院嫌いだった私は当然のように病院から足が遠のいて、まったく病院に行かなくなりました。

ad

ad

-椎間板ヘルニア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

椎間板ヘルニア-闘病記:2000年1月

1月はいろいろあり日付まで詳細に覚えていません!大体の流れで書きますね! 1月1日~1月3日 徐々に状態は良い方向へ!腰の痛みは弱くなり、自宅内で歩けるようになる 1月4日 仕事始め。久々に出社。とり …

no image

椎間板ヘルニア-闘病記:2004年2月

~その後の生活~ 痛みも取れたこともあり、今までどおりの生活をしていました。 特に生活改善をするわけでもなく、体力維持に努めるわけでもなく酒を飲んで、タバコをすって、特にリハビリをすることもなく・・・ …

no image

椎間板ヘルニア-闘病記:2006年12月

~再々発~ 前回の惨事から、約2年、全く何事も無く、生活していました。 しかしながら、またやってきてしまったのです 2006年の12月中旬でした。また、朝起きると動けない状態が・・・ 金縛りかと思っち …

no image

椎間板ヘルニア-闘病記:2000年2月〜手術まで〜

2月初旬 1月同様ブロックと牽引を行っていましたが、ほとんど変化がないのと足の痺れが仕事中の集中力の低下を引き起こしているといういろいろ要因が固まり手術を受ける決心が固まりました。 診察のときに、 「 …

no image

椎間板ヘルニア-闘病記:1999年12月

12月20日 朝起きて、シャワーを浴び、会社に行こうと靴の紐を結ぼうとしたそのときやってきてしまったのです。 腰が前に曲がらない・・・ひざを曲げようが、床に座ろうが靴の紐まで手が届かないのです。 この …